ほぐすだけじゃなく骨格の調整が必要

この記事は1分で読めます

img_1904-1.jpg

単にがんばり過ぎで部分的に凝っているのであれば、こってる部分だけほぐしてあげれば良いのですが、
私が施術する中での経験則で言うと

大半はほぐすだけでは不十分なケースです。
なぜ特定の部分がこりやすいのかというと、それはやはりその人の骨格的な特徴や癖による歪みでそこに負担がかかりやすいから。
解剖学的にも筋肉は骨格に骨格筋がくっついて身体のベースを形作っていますから、こりやすい部分があるということは、骨格も歪んでいる可能性があると考えたほうがいいでしょう。

骨格の歪みの調整でポイントになるのは

  • 足首
  • 骨盤
  • 頚椎(首)

です。
私は特に足首を重視します。(ご本人でも安全に触りやすく、ケアしやすいので)
脚を怪我しながらも激しい運動してる人は、

歪んでる場合が多く、施術すると「軸がまっすぐになった気がする!」と喜んでいただいてます^ ^
マッサージに行ってもすぐ凝ってしまう方は骨格調整もやってくれるところを一度訪ねてみてください。もちろん私もご相談に乗りますよ!!


↑※ダンスで膝の靭帯を何回か怪我してる方。施術でだいぶ軸がまっすぐになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. img_1945-1.jpg
  2. img_2646.jpg
  3. img_2222.jpg
  4. img_2275.jpg
  5. img_1865-1.jpg
  6. img_1962.jpg
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。