ひざの痛みは歳のせい?

この記事は1分で読めます

img_1929.jpg

「膝が痛い」
という方を施術することが多々あります。
その中で整形外科で見てもらって

「歳のせいですね、と言われました」
という方もいらっしゃるのですが、

歳のせいで終わらせないでよ!
というのが本音ですよね、苦笑
「歳のせい」って一番あいまいだと思いませんか?

あきらかに逃げ道です。   

まぁ確かに「歳のせい」で何かしら不具合が起きてるから膝が痛いわけですが、歳のせいにするってことは原因がわかっていないと考えたほうが良いでしょう。
歳のせいで軟骨がすり減った。

これはまあわかります。
でも一番原因として大きいのは、

骨格の歪みなんですよね。

実際、前日に病院でヒアルロン酸注射を打った方が杖をついていらしたことがあったのですが、股関節と膝を温熱療法で温めて緩めてあげただけで杖なしでスタスタ帰っていった
そんな例を目の当たりにしてます。
なぜこういうことが起きたのかというと、

長年の筋肉の張りで骨も歪んでいたため、膝に負担がかかっていたわけです。
軟骨がすり減ってるってことは、歪んでいるからすり減るのであって、
根本を改善するならばその歪みを正さないと、その場しのぎの処置だけでは一向に良くなりません。

膝の痛みを「歳のせい」だけで終わらせないでください^ ^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. img_2275.jpg
  2. img_2646.jpg
  3. img_2222.jpg
  4. img_1951.jpg
  5. img_1904-1.jpg
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。